生みの苦しみ、悦子の受難 → 快感のめばえ・・・

倒錯活動
07 /30 2014
こんばんは、鏡 竜太郎です・・・・   古っ!

歳バレに恐怖する企画担当、"きるる"です。
このところ、気力も根こそぎ奪われるほどの猛暑日が続きますが、皆さまもいい具合に怠惰なインドアライフを満喫されてみえますでしょうか?
この時期、そんなライフスタイルの実践に強い憧憬と執念を燃やす私ではあるのですが、駆け出しディーラーの商品企画担当としてはそうも言ってられず、次のイベントに向けて(まだ決まっていませんが・・・)新たな商品アイデアを模索するため、企画会議と銘打った「ノンテーマ撮影会」を先日、名古屋市某所にある自称スタジオで行いました。

いつもは大抵、良さげな候補とアイデアなんか絞り込んで臨んだりするのですが、今回は何も思いつかず、まったくの手ブラ 手ぶらで、適当に彼女(DD)たちと戯れていれば何か思いつくかも・・・なんてかなり場当たり的な感じでのスタートです。

もちろん撮影テーマもなく、とりあえず先日のミスコンに出場した時のままの響(ひびき)と悦子(えつこ)の衣装を"とりかえっこ"することから始めてみます。・・・するとコレがなかなか新鮮!! 
まずは響・・・

hibiki_140729_01.jpg

hibiki_140729_02.jpg

う~ん、前回のビスチェ・コスは全面に溢れ出すGIRLYさの中でも元来の凛とした存在感を絶やさず、高貴な雰囲気を醸し出す的な、これぞハマり衣装だと自画自賛だったのですが、今回のこのVOLKS製サマーブリーズパンツスタイルは真逆のBOYISHな衣装。もともと凛々しい雰囲気の響では更にハード感が増すのでは・・・と思いきや、どうしてこれがなかなかカワユイ! ハードどころか子供っぽい表情が現われ、めちゃ可憐なイメージに!!
さがすが万能モデル、いつもいい意味で期待を裏切ってくれます。

と、 ここまでは親バカ全開なオーナーの、よく見かける普通の撮影会・・・ ところがこの後、この和やかな雰囲気が跡形もなく消し飛ぶほどのディープインパクトが!?

・・・悦子。 
いつも憂いのある瞳でボクを見、いつもそのどことなく儚げで杞憂に満ちた表情でボクに何かを訴えかける・・・
その悦子に例の「GIRLYビスチェ・コス」を着せてみる・・・着せてみる・・・着せてみた!
体温が上昇するのがわかる!心拍数が加速するのがわかる!!脳内にプラズマ放電が渦巻いているのがわかるっ!!過電圧に耐え切れず、電球が破裂するかのような脳の雄叫びを聞いた瞬間、ボクは自身のGate of Babylon(撮影小道具入れ)より対人形宝具「1/3手枷(てかせ)」を召喚し、悦子の細く透き通るような白い手首に食い込ませていたのだ・・・
etuko_01s.jpg

くぅおぉぉぉ~!! そ、その白肌のせいか、はたまたいじらしい物腰のせいか・・・GIRLYな雰囲気など何処へやら、息を呑むほどの清楚な出で立ちから溢れ出る、狂おしいまでの背徳感はいったい・・・
すでに商品企画なんぞは理性とともにどこへやら・・・ボクのアタマの中は、悦子の悦子による悦楽のための妄想が駆け巡っている。
etuko_02s.jpg

うぅ・・このウエディングドレスを連想させる無垢なる薄衣、隷属を強いる手枷、そして物憂げな瞳の悦子・・・正に背徳の三重奏!
この後、恥辱に満ちた淫靡で無慈悲な責めの宴が催されるであろうことは、誰の胸にも容易に想像できるであろう

etuko_05s.jpg

etuko_03s.jpg

そんな恰好で・・・逃れる術も封じられ・・・無数の触手にその身を弄ばれながらも・・・必死で耐え、羞恥の表情を浮かべ、尚も、その縋る瞳でボクを見るのか・・・誘惑するというのか・・・悦子っ!!

etuko_08s.jpg

・・・この上なく淫靡で、この世のものとも思えぬほど甘美で、恥辱に満ちた狂宴は終焉に近づいていた。
触手どもの唾液にまみれたその肢体で、数えきれぬほど弧を描き、宙を仰いだ悦子。しかしその間、片時もその儚げに潤んだ瞳をボクから逸らすことはなかった・・・。
肩で激しく息をしながら、なおもボクを見つめ、微かに安堵の笑みを浮かべる・・・ボクはもう何を拒むというのだろう・・・。

・・・悦子。 
いつも憂いのある瞳でボクを見、いつもそのどことなく儚げで杞憂に満ちた表情でボクに何かを訴えかける・・・
そうか、そうなんだね・・・ボクもそんな君を狂おしいほどに愛おしい・・・さぁ、踏み出そう!ボクたちの新しい一歩を、そして始めよう!愛に満ちた生活を、二人だけの濃密な夜の営みを~!!

「ストォ~ップ!! 何してんの!? いい加減、私の悦子かえしてよっ!!」
スタジオ全体に響き渡るキンキン声で、不意に現実世界に引き戻される・・・
我に返るとそこには、ウチのお針子担当兼小間使いの"ぽんち"が憮然とした態度で仁王立ちしていた。
「新商品を考えるって話じゃなかったっけ!?なのに響ほったらかして、何で私の悦子ばっか撮ってんのよ!しかもイヤラしいアングルばっか!もうココのレンタル時間終わっちゃうじゃない! バッカじゃないの!?」
・・・実はウチのモデルさん達はお世話役担当が決まっている。
つまり、響のお世話はボク"きるる"が、そして悦子のお世話は"ぽんち"が・・・といった具合にだ。
ふだんなかなか一緒に過ごすことのない娘(モデル)と逢い、ほんの一時、仕事を忘れめくるめく妄想の夢の世界で熱いアヴァンチュール・・・
アイデアに詰まって苦しいとき、娘(DD)たちとこういう付き合い方も乙なもの。
皆さんも是非、試されてみてはいかがでしょうか??
スポンサーサイト

7月20日(日)ボークスドールポイント秋葉原オープン!!

イベント
07 /26 2014
こんばんわ ポンパドール、企画兼アクセサリー担当のきるるです。
やっと念願だったポンパドールブログがスタートできました!
記念すべき第一話は・・・「おめでとう!秋葉原ラジオ会館オープン&ボークス主催、DDミス秋葉原コンテスト参戦記」です!!
7月20日(日)は秋葉原のサブカルチャーのシンボル、ラジオ会館の3年越しの建て替えが終了し、そのグランドオープンの日でした。もちろん主要テナントだったボークスも移転オープン!



「お帰りなさい開店記念イベント」として、秋葉原一( = 日本一)のDD(ドルフィードリーム)を決定する「ミス秋葉原コンテスト」が開催されたのです︎!つまりこのコンテストにウチの商品を装着した看板モデル「響」と「悦子」をエントリーさせれば、この上ない宣伝になること間違いなし!…しかも、もし選ばれなんかした時は、、、史上最強のPRに…うきょ〜っ!!…て、コトを夢見てミスコンエントリーのため、名古屋から日帰り上京を敢行してきました。
当日のラジオ会館は恐ろしい数の人だかりで、入館するまでに1時間くらい並びました。(早朝組も居たとか…)
もちろん8階のボークスも身動き取れない状態で、欲しかった福袋なんかもう開店10分で売り切れたらしい・・・。そして肝心のミスコン、何と80人(体)近くのエントリー!?





ウチの響と悦子もすぐさま戦闘態勢。主力商品のカチューシャopフル装備に、響は次期新商品予定のガーターリング、悦子はこれまたウチの人気商品フリルエプロンで完全武装です。





そして気になるエントリーNo.は響が25番で、悦子が26番となりました。



・・・しかし配置は1番奥の最上段、コレではPR商品がよく見えな……ぃのでわ?なんて心配をしながら、結果が出るのを待ちつづけます。
そしてついに結果発表~!一般投票の結果、ミスグランプリはこのJK娘に!JKと和ゴスを融合させたファッションセンスが秀逸でした。



結局、今回は惜しくも(?)入賞を逃し、全日本レベルの層の厚さを実感させらました…。
しかしあれだけの大観衆、きっと何人かはウチ商品に目を留めてくれたハズ。
そう信じて明日からまた商品企画に打ち込むぞ~!!
そして来年こそはミスコン入賞を・・・という新たな目標も生まれ、思い出深い一日となりました。

pompardoll

ようこそようこ!

VOLKS社製DD(ドルフィードリーム)を中心とした宝飾部+企画部のきるると縫製部ぽむとのドールディーラー奮戦記。マイペースな更新ですが、どうかよろしくくまりんこ。

twitter: @kill_agency
ツイッターからお客様からの着用写真画像お待ちしております(^O^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。